脱毛クリームは痛い?!痛みを抑える方法とは?

脱毛クリーム 痛い

脱毛クリームって痛いの?

ぶっちゃけ、脱毛クリームを使用時に痛みは「少し」あります。その人の肌質にもよるので、痛みを全く感じない方もいらっしゃいます。

 

特に、肌が弱い方にはヒリヒリした痛みを感じることが多いかもしれませんね。ですが、そんな痛みを感じてでも脱毛をしたいという方も多いはず。

 

なんとか痛みを感じずに脱毛クリームを使う方法はないのでしょうか?実は、少し工夫をすれば肌が弱い方でも脱毛クリーム使用時に痛みを感じることは少なくなります。
ボタン

 

 

脱毛クリームで痛くならない方法とは?

@とにかく触らない!こすらない!

痛くならない方法とは、
とにかく「気になるからと言って、触ったり擦ったりしないこと」です。

 

クリームを全体に塗り終わったら、もう肌に触れるのは一切止めましょう。
脱毛クリームを塗っている状態の肌は、いつも以上に敏感になっています。
肌から毛を引き離す力が働いている訳ですから、当然と言えば当然ですよね。

 

そんな状態の肌に摩擦などで更に負担をかけてしまえば、肌が弱い方は痛みを感じたり、酷い場合は肌荒れをしてしまうなんてこともあり得ます。悪化してしまえば、自分では手に負えずに皮膚科にお世話になってしまうことも。

 

せっかくムダ毛を処理してツルツルお肌になろうとしているのに、赤いプツプツや腫れがあったりすれば意味がありませんよね。そんなことにならないように、1度塗ったら一定時間完全放置するのを決まりにしておきましょう。

 

 

A使用時間を守る!

また、脱毛クリーム使用時の痛みの理由に「使用方法を守れていない」というものを多く挙がります。

 

最も多いのが、使用時間を全く守らないことです。
特に初めて使う方に多いのですが、「長く放置すれば長く放置するだけ効果が実感できる」という勘違いが多いようです。

 

その気持ちは分からなくはないですが、実は脱毛クリームって、記載されている使用時間が効果のピークで、その後に何分も何十分も過ぎるまでつけたままにしていても効果はありません。逆に、肌に余計な負担をかけさせる時間が長くなるので腫れや赤みなどの肌荒れに繋がってしまいます。また、「多く塗れば塗る程効果があるのでは?」と思っている方も多いですね。

 

化粧水や乳液などのスキンケア商品は多く塗れば効果がありますが、脱毛クリームは違います。記載の目安量以上に塗っても効果は同じなので、あまり意味がないと言われています。逆に、肌荒れを招いたり、買って数回で脱毛クリームがなくなってしまったりとコストパフォーマンスも悪くなってしまい、デメリットがとても多いですね。

 

脱毛クリームで痛みもなく、無駄もなく賢く脱毛がしたいのであれば、まずはきちんと記載されている使用方法を守って使う量・時間・方法を守ることが大切です。
「脱毛クリームに興味はあったけれど、肌荒れや痛みが怖くて諦めていた」なんて方って実は多いのでは?ですが、きちんと正しい方法で使えば全くそんなことはありません。脱毛サロンに通う時間もかかりませんし、家で時間がある時にサッとすることができます。

 

ただ肌荒れが気になる人、肌が弱い人は脱毛クリームはやめておいた方が無難です。

 

 

B使った後は冷たいタオルでクールダウン

痛い!と思っているところを放置していてもなかなか痛みは引きません。特に一度痛くなった経験がある場合は、痛くなくても脱毛クリームした後はしっかりと冷やしましょう。冷やすと意外と赤みやぶつぶつや痛みも引くので、ぜひやってみてください^^

 

 

C肌に優しいローションで保湿する

脱毛クリームで痛みが出た場合、特にお肌に優しいローションなどで保湿するのが大事です。保湿をしないと悪化しかねないからです。できれば抑毛もできて、優しく保湿できる専用ローションがおすすめです。
パイナップル豆乳ローションの詳細はこちら>

 

 

脱毛クリームの痛みを抑える方法 まとめ

いかがでしたでしょうか?
脱毛クリームは使い方を間違えたりお肌が弱い人は痛くなってしまう可能性が高いです。

 

タオルで冷やすなど痛みを和らげる方法もありますが、できれば脱毛クリームの使用は控えて脱毛サロンなど肌に負担がかかりにくいもので脱毛するのがおすすめです。
ミュゼのWEB限定!お得なキャンペーン>>