脱毛クリームで副作用と予防法とは?

脱毛クリーム 副作用

脱毛に手間を感じてしまい、簡単にできる脱毛クリームを愛用している方って多いようです。確かに、サロンに足を運ばずに簡単に家で脱毛をすることができるのでとても便利ですよね。

 

最近では、ドラッグストアや雑貨屋さん、インターネットショッピングサイトなどでも簡単に購入することができますし、価格もお手頃なので、年齢問わず多くの方に身近な存在になったのでは?学生さんでも脱毛クリームの愛用者の方も増えています。そんな大人気な脱毛クリームですが、使うことによって副作用ってあるのでしょうか?

 

脱毛クリームってムダ毛処理のためにはとても便利で高い効果を発揮してくれますが、その分強めの成分が配合されています。毛の生え際を肌と分裂させる訳ですから、強い成分が入っているのには納得ですが、その分肌には負担になってしまうようです。
ボタン

 

 

脱毛クリームの副作用とは?

女性

特に、今までボディクリームや日焼け止めなど肌に直接つけるものにかぶれてしまったことがある方や、日焼けするとすぐに肌荒れをしてしまうような肌が弱い方や敏感肌の方は注意が必要です。

 

そんな方達は、赤いプツプツが出てきてしまったり、腫れてしまったり、かさぶたのようなものができてしまうこともあります。軽い副作用であれば、そのまま放っておいても治りますが、酷い場合はどんどん悪化してしまい、最終的には皮膚科で治療を受けなければいけない時もあるので注意が必要ですね。

 

とは言っても、脱毛クリームを使いたいという肌が弱い方、敏感肌の方はとても多いです。ここまで手軽に脱毛ができるのですから、当然ですよね。では、肌に出てしまう副作用をどう防げば良いのでしょうか?

 

 

脱毛クリームで副作用の予防法とは?

女の子

脱毛クリームを敏感肌用に変えてみる

実は、最近では、敏感肌や肌が弱い方のために低刺激の脱毛クリームも販売されています。価格帯は、一般的な脱毛クリームと比較すると少しだけ高額にはなりますが、全額返金保証もついているし、肌の負担には変えられませんよね。こちらも、ドラッグストアなどで手軽に購入することができるので、1度試してみると良いでしょう。管理人のおすすめはパイナップル除毛クリームです>

 

生理前後を避ける

もし、「できればコストパフォーマンスの良いものが良い」という方は、脱毛クリームを使うタイミングを調整してみてください。例えば、ホルモンバランスが崩れがちな生理前後や生理中、妊娠中は脱毛をするのを控えましょう。この時期は、いつもは肌荒れがないなんて方でも急に肌荒れをしたりと何が起こるか分からないくらい、肌が敏感な時期です。

 

できれば、生理が終わって1週間後などホルモンバランスが比較的安定している時期を狙うのがお勧めです。

 

パッチテストを必ずする

自分の肌に合うかパッチテストで簡単に調べることができます。まず脱毛クリームを全体に塗る前に、一部分に小さく塗り、肌の調子を良く見てから行います。また、虫刺されや切り傷など、肌に何かしらのトラブルが起こっている部位にはクリームを塗るのは止めておきましょう。肌荒れどころか、更に深刻な状況になってしまう可能性が高くあります。

 

脱毛クリームをやめてみる

ムダ毛がなくなればいいので、わざわざ副作用が起きてしまう脱毛クリームを使う必要もないですよね。ずっと使い続けることを考えれば脱毛器や脱毛サロンの方がかえってコスパもいいですし、肌に優しくて永続に続くのでおすすめです^^
ミュゼのWEB限定!お得なキャンペーン>>

 

脱毛クリームって、今ではモデルや芸能人など多くの女性が愛用している商品です。簡単・お手頃・短時間の3つの魅力が兼ね備えられたとても素敵な商品です。ですが、それだけ効果があるというのは多少副作用があるということです。自分の肌とも相談しながら、上手にお付き合いしていきましょうね^^